ネット通信講座

ダウンロードが違法なコンテンツとは・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

非公式+本来は有料 要注意!!

 

ダウンロードできるファイルは「合法的にダウンロードできるもの

違法ダウンロードだが、罰則が科せられないもの

違法ダウンロードとして罰則が科せられるもの」の

3種類に分類することが出来ます

ポイントは「著作権者の許可を得てアップロードしているのか」という事

 

制作した人とアップロード及び配信している人が同じであれば

公式コンテンツ」と考えられダウンロードも合法になります

異なる場合は「非公式コンテンツ」や「違法アップロードされたファイル

などと呼ばれ、違法ダウンロードに該当するので要注意です

 

映画全般のダウンロード

共有サイトで発見できる映画ファイルは

制作会社がアップロードしているとは考えられないものが多い

映画は基本的に視聴も有料のコンテンツである為DVD化

されていなくても違法ダウンロードとして罰則を科せられる

可能性が非常に高いです

日本で非公開の洋画であっても、著作権者に

無断でアップロードされている限り違法コンテンツです

 

 

テレビ番組全般のダウンロード

テレビは無料で視聴できるコンテンツなので

放送直後の番組であれば当然刑事罰の対象とはなりません

しかし、番組がDVDなどで売買されると刑事罰の対象となります

また、BSなどの有料放送を録画したものをダウンロードしても

違法ダウンロードとして罰則を科せられるので覚えておいてください

 

音楽全般のダウンロード

音楽CDをデータを抜き出し、MP3などのファイルに変換して

配布している海外サイトなどがありますが

著作権者に許可をとっているとは思えないのが殆どです

これらは当然ながら違法であり、ダウンロード罰則化の対象になります

 

ゲーム全般のダウンロード

購入しなくては視聴することが出来ないプレイ映像や

音楽が製作者に無断でアップロードされていれば

当然それは違法コンテンツに該当します

ダウンロードも刑事罰の対象となるので見つけても

一切そういうサイトとは関わらないようにしてください

 

ラジオ音声全般のダウンロード

日本国内で放送されているAM/FMラジオを録音するのは

パソコンを経由しようとしなかろうと合法です

インターネットラジオに関しても、個人の趣味などではなく

公式に配信を行っているのであれば、著作権者に

無断で放送されているわけではないので

ダウンロードして罰則を科せられる可能性は極めて低いです

 

 

投稿動画全般のダウンロード

ペットや風景を撮影し、個人が投稿しているような

動画に関しては、ダウンロードしても刑事罰の対象にはなりません

ただし、BGMにCD音源などをそのまま使用している場合は

音楽の違法ダウンロードに該当する可能性もあります

 

ライブ動画全般のダウンロード

ネット上の生放送動画やライブ配信に関しては

撮影している本人がそのまま配信している為

違法アップロードには該当しません

ただしアーティストの映像などを無断で配信している場合は

違法コンテンツに該当してしまいますので注意してください

 

今回はあくまでも刑事罰の対象目安です

民法などは対象外ですからその事だけは忘れずに・・・

 

本気でネットビジネスで稼いでみませんか・・・

ネット通信講座

実践後翌日~最長10日以内に稼げる事を保証いたします

完全無料で私が稼ぎ続けているノウハウを包み隠さず教えます

qqq

このページの先頭へ